大阪のダブル断熱と自然素材の注文住宅

大阪の健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅
   メールでのお問い合わせ  来店ご予約  アクセスマップ アンハウス株式会社
お問合せは072-955-8883
大阪で注文住宅ならアンハウス 作品集 素材と工法 商品ラインアップ よくある質問 アンハウスについて お客様の声 資料請求

セルロースファイバーや赤い柱にホウ酸が使われていますが、ゴキブリ退治に使用されるホウ酸は本当に安全ですか?/アンハウスのQ&A


 Q11 セルロースファイバーや赤い柱にホウ酸が使われていますが、ゴキブリ退治に使用されるホウ酸は本当に安全ですか?

A11

  ホウ酸は、眼科治療において目の消毒にも使われているくらい、人体には安全なものです。 防虫・防蟻剤として使われるホウ酸は、所謂ベイト工法といわれるもので、 ホウ酸を白蟻などに食べさせ2・3ヶ月後に死亡させるものです。 人が、セルロースファイバーや木の柱をかじったりすることは ないですし、常温では気化しないので、臭いもなく、有害なVOC(揮発性有機化合物)などは一切発生しません。 又、気化しない故に、その効果も半永久的に持続します。

 又、ホウ酸は、普通食料の成分であり、人間は通常の飲食でホウ酸230mmg/日程度、摂取しています。 人体には蓄積されずに排出されます。ゴキブリや白蟻のような下等動物は、ホウ酸を体内に摂取すると、 腎臓が無い為体外に排出できず体内に蓄積されます。 そして、ホウ酸の熱を取る性質で、ゴキブリや白蟻を脱水状態にさせ、死亡させます。

 人の赤ちゃんやペットが、ホウ酸団子を誤飲した場合ですが、 ホウ酸のLD50値(ラット経口)は、3〜4g/kgです。 例えば、10kgの赤ちゃんが誤飲した場合は、30〜40gで致死量に達します。 一般のホウ酸団子1個の重さは10〜15gで、含有量を50%とするとホウ酸を約5〜7g含有することになり、 1個を全部食べても致死量には至りません。 ただ、やはり、水を飲ませて、出来れば吐かせてから受診することをお勧めします。

 参考までに、塩のLD50値(ラット経口)もホウ酸と同量程度です。
※LD50値(ラット経口):口からの投与でその試験に用いられた一群の実験。 動物の50%を致死させると推定される投与量。



セルロースファイバーや赤い柱にホウ酸


よくある質問一覧に戻る





ホーム
作品集
お客様の声
よくある質問
進行中の現場
土地情報
アンハウス通信
家造りの流れ
サイトマップ
アンハウスの家造り
 幸せを呼ぶ間取り
 光と風を取り入れる設計
 フレキシブルモジュール
 全棟構造計算
 基礎と構造材
 無垢フローリング
 天然漆喰
 自然健康塗料
 自然素材糊
 第一種24時間換気
 ダブル断熱
 セルロースファイバー
 フォルテボード工法
 高性能樹脂サッシ
 CASBEE戸建評価Aランク以上
 全熱交換床下第1種24時間換気
 木製サイディング
 気密測定
 高耐久設計
 赤い柱(加圧注入防蟻処理材)
 ディバネート塗り壁
 長期優良住宅対応
 長期定期点検とアフター保証
 住宅性能表示制度
商品ラインナップ
 無垢の家
 カントリー
 モダン
 カントリーEX
 モダンEX
 カントリーEXS
 モダンEXS
アンハウスについて
 会社概要
 社長挨拶
 スタッフ紹介
 家造りギャラリー
 経営理念
 ロゴマーク
 アクセスマップ
 プライバシーポリシー
お問合せは 072-955-8883
am9:00〜pm6:00年中無休(盆・年末年始除く)
メールでのお問合せ  来店でのご相談  ページトップに戻る
大阪の注文住宅なら健康・断熱・長寿命にこだわった設計工務店アンハウス アンハウス株式会社 
〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉5-7-10   FAX:072-955-8894
Copyright(C) 2002 Anhouse CO., LTD. All Rights Reserved.