大阪のダブル断熱と自然素材の注文住宅

大阪の健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅
   メールでのお問い合わせ  来店ご予約  アクセスマップ アンハウス株式会社
お問合せは072-955-8883
大阪で注文住宅ならアンハウス 作品集 素材と工法 商品ラインアップ よくある質問 アンハウスについて お客様の声 資料請求

不動産の販売図面を見ると、「市街化調整区域」「43条但し書き許可要」「都市計画道路有り」「セットバック要」と、書かれているのをよく見るのですが、どのような意味でしょうか?/アンハウスのQ&A


 Q5 不動産の販売図面を見ると、「市街化調整区域」「43条但し書き許可要」「都市計画道路有り」「セットバック要」と、書かれているのをよく見るのですが、どのような意味でしょうか?

A5

   「市街化調整区域」とは、市街化を抑制する地域で、建物を建てる場合は、 開発許可もしくは開発許可が不要である条件が揃っている事が必要になります。場合によっては、建物が建てられないケースも あるので、建築確認を停止条件付き土地売買契約にしておく必要があります。   
  43条但し書きの許可要とは、建物を建築する場合、建築基準法の道路に2m以上接道する必要性が あるのですが、建築基準法の道路に接しない敷地の場合、その救済措置として、ある一定の条件が整えれば、建物を建てられることになっています。 その際、建築基準法43条但し書きの許可を受けることが必要になる土地のことです。この土地も、「市街化調整区域」 と同様、建物が建てられないケースもあるので、建築確認を停止条件付き土地売買契約にしておく必要があります。
  都市計画道路有りとは、敷地の全部又は一部が、将来道路になる計画があり、 道路計画が実行された場合、立ち退かなければならない土地のことです。実際は、行財政が大抵赤字なので、実行される見込みのない 土地も多く、鉄骨3階建ての住宅まで、自由に建てられるのですが、人生で2度、家造りをしなければならなくなる可能性もあります。
  セットバック要とは、4m未満の道路に接道している敷地は、 前面道路が4mになるように、道路の中心から2m後退したところを道路境界線にすることが建築基準法で定められています。 なので、そのセットバックした土地には、建物を建てることはもちろん、敷地面積もその部分を差し引いて、建物の計画をたてることに なります。

不動産の販売図面のただし書き


よくある質問一覧に戻る





ホーム
作品集
お客様の声
よくある質問
進行中の現場
土地情報
アンハウス通信
家造りの流れ
サイトマップ
アンハウスの家造り
 幸せを呼ぶ間取り
 光と風を取り入れる設計
 フレキシブルモジュール
 全棟構造計算
 基礎と構造材
 無垢フローリング
 天然漆喰
 自然健康塗料
 自然素材糊
 第一種24時間換気
 ダブル断熱
 セルロースファイバー
 フォルテボード工法
 高性能樹脂サッシ
 CASBEE戸建評価Aランク以上
 全熱交換床下第1種24時間換気
 木製サイディング
 気密測定
 高耐久設計
 赤い柱(加圧注入防蟻処理材)
 ディバネート塗り壁
 長期優良住宅対応
 長期定期点検とアフター保証
 住宅性能表示制度
商品ラインナップ
 無垢の家
 カントリー
 モダン
 カントリーEX
 モダンEX
 カントリーEXS
 モダンEXS
アンハウスについて
 会社概要
 社長挨拶
 スタッフ紹介
 家造りギャラリー
 経営理念
 ロゴマーク
 アクセスマップ
 プライバシーポリシー
お問合せは 072-955-8883
am9:00〜pm6:00年中無休(盆・年末年始除く)
メールでのお問合せ  来店でのご相談  ページトップに戻る
大阪の注文住宅なら健康・断熱・長寿命にこだわった設計工務店アンハウス アンハウス株式会社 
〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉5-7-10   FAX:072-955-8894
Copyright(C) 2002 Anhouse CO., LTD. All Rights Reserved.